ACSP 一般社団法人コンピュータ教育振興協会

学校/企業関係者の方へ

学校/企業関係者の方へ、CAD利用技術者試験の特徴および概要をご案内いたします。
貴校/貴社の人材教育にぜひCAD利用技術者試験をご活用ください。

3次元CAD利用技術者試験

試験の特徴

国内最大規模の3次元CAD試験制度です。

3段階の等級によりステップアップが可能です。

知識を図る2級、技術を図る準1級、1級の段階を設けることで、経験や能力、目的に応じた目標が設定できます。

特定のCADソフトに依存しないオープンな試験です。

試験概要

試験概要(詳細)

2次元CAD利用技術者試験

試験の特徴

国内最大規模のCAD試験制度です。

1990年の創設以来、30年の歴史と累計応募者数59万人の実績があります。また、多くの企業や教育機関に採用されています。

2段階の等級によりステップアップが可能です。

CADを利用するための基本知識を図る2級と、専門分野の知識と技術を図る1級の2段階とすることで、経験や能力、目的に応じた目標が設定できます。

CADや製図の知識に加えてITの基礎知識も証明できます。

2級の受験対策を通じて、CADの概念や製図一般の知識に加え、コンピュータやネットワーク、セキュリティなど、今日の社会人に必須のIT関連の基礎知識が体系的に学べます

機械、建築、汎用と幅広く対応する試験です。

1級試験は機械、建築、汎用(トレース)の3分野に分かれており、各分野の専門的な知識と技能が証明できます。

特定のCADソフトに依存しないオープンな試験です。

2級および基礎試験は、いつでも試験日が設定できるIBTでの受験が可能です。

認定会場のご登録をいただければ、2級および基礎試験は貴校/貴社の都合で試験日の決定が可能です。

試験概要

試験概要(詳細)

認定会場のご案内

CAD利用技術者試験センターでは、随時各試験の会場を募集しています。

パンフレットダウンロード

下記よりCAD利用技術者試験のパンフレットダウンロードが可能です。

※まとまった部数の入手をご希望の方は、CAD利用技術者試験試験センターまでお問い合わせください。

会場特典

  • CAD利用技術者試験Webページに会場名等を掲載します。
  • 宣伝活動における「CAD利用技術者試験認定会場」等の呼称が使用できます。
  • 試験問題の学校教材への使用を許可します。
  • ガイドブックを割引価格で販売します。
  • 各種資料のご案内、団体受験者に関する合否結果一覧を提供します。
  • 団体受験者は自校、自社に設置されたCADシステムを利用して、受験できます。

会場をご希望の企業/教育機関の方は、下記の手続きにて、会場申請を行ってください。不明な点がございましたら、CAD利用技術者試験センターへお問い合わせください。

新規申請の流れ

事前準備 試験会場として申請する場合、試験会場認定基準を参照し、必要条件等を確認してください。
申請書提出 試験会場認定申請書一式、事業所案内を試験センター宛てに郵送してください。
審査(書類) 書類審査後、現地訪問により直接確認し、試験会場としての適合性を調査する場合もあります。
会場認定書類交付

※審査には、約一ヶ月お時間がかかります。

ガイダンス

会場区分(会場登録の種類)、申請書類等は、各試験ガイダンスをご確認ください。
ガイダンスはこちらをダウンロードしてください。

CAD利用技術者試験会場の認定条件に満たない小規模教育機関等でも、「2次元CAD利用技術者試験 2級(IBT)会場」として申請していただけます。

2次元CAD利用技術者試験2級(IBT) PC環境動作確認について

2次元CAD利用技術者2級(IBT)は、パソコンを利用した試験となっております。試験を実施するには、受験者の使用するパソコンの動作環境の確認が必要です。

2次元CAD利用技術者試験2級運営マニュアル

2次元CAD利用技術者試験基礎(IBT) PC環境動作確認について

2次元CAD利用技術者試験基礎(IBT)は、パソコンを利用した試験となっております。試験を実施するには、受験者の使用するパソコンの動作環境の確認が必要です。

2次元CAD利用技術者試験基礎運営マニュアル