ACSP 一般社団法人コンピュータ教育振興協会

試験の特徴

「3Dプリンター活用技術検定試験」は、3Dプリンターを利用するエンジニアや学生が身につけておくべき知識を評価・認定する国内唯一の検定試験制度です。3Dプリンターは、製造分野や建築・建設分野はもちろん、医療、食品など、さまざまな分野でその活用が進んでいます。しかし、3Dプリンターを使いこなすためには、造形方法や材料、後工程、CADデータの取り扱いなど、さまざまな基礎知識が求められます。本試験の合格者は、こうした最先端のものづくりの担い手として、その活躍が求められています。

試験概要

検定試験名 3Dプリンター活用技術検定
Certification of 3D Printing Skills(3DP)
資格名 3Dプリンター活用技術基礎
実施組織 一般社団法人コンピュータ教育振興協会
受験資格 特に制限はなし
受験区分 個人受験/団体受験
受験料 8,000円+消費税
受験対象者 3DCADエンジニア、企業の3Dプリンター導入担当者、製造設計エンジニア、製造業へ就職を希望する学生、3Dプリンターに興味のある学生ならびに社会人。
受験形態 筆記試験(60問)
試験時間 60分 10:30~11:30
試験方法 マークシート方式による多肢選択および真偽方式
試験内容(分野)
※ 3Dプリンター活用技術検定試験の問題は、試験実施年度版の公式ガイドブックに準拠して出題されます。
■3Dプリンターのメリット
・3Dプリンターの基礎
・3Dプリンターのプロセス
・3Dプリンターの用途
■3Dプリンターの仕組みとプロセス
・3Dプリンターの造形方法
・3Dプリンターの造形材料
・3Dプリンターの後工程
・3Dプリンターの造形用データ
■3Dプリンターの活用
・3Dプリンター活用の前準備
・3Dプリンター活用のノウハウ
・3Dプリンターの活用事例
合格基準 各分野50%以上、および総合70%以上
※総合の比率は、」各分野の合計点を満点とし、換算したものです。各分野の正解率を足して分野の数で割った数値ではありません。
公式ガイドブック 販売サイトへ

委員会紹介

一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)では、各主催試験が社会のニーズに合致し、公平かつ技術者の育成に貢献する試験となるような方針の立案と、試験問題の作成、精査、検証ならびに普及・拡大に関する提案を行う目的で、主催試験ごとに「試験委員会」を設置しています。委員は学識者または専門的知識を有する方を協会が推薦し、理事会の承認を得て決定しています。

委員会役員を紹介します

委員長 鈴木 淳一 氏

委員長 鈴木 淳一 氏

JBサービス株式会社 サービスマーケティング 3D事業 本部長

1961年1月生まれ 北海道出身。
国内工作機器メーカーにて国産紙積層装置の開発に従事。
海外3D関連メーカーとのリレーションを活かし、現在JBサービスで、3Dプリンターの販売・保守サービスを提供する他、3D技術者の教育・育成にも取り組んでいる。様々な分野で活用が拡がる3Dプリンターの基本的な活用技術を身に付け、これからの「ものづくり」に活用して欲しいと考えている。