ACSP 一般社団法人コンピュータ教育振興協会

学校/企業関係者の方へ

学校/学校/企業関係者の方へ、3Dプリンター活用技術検定試験検定試験の特徴および概要をご案内いたします。
貴校/貴社の人材教育にぜひ3Dプリンター活用技術検定試験をご活用ください

3Dプリンター活用技術検定試験

試験の特徴

国内唯一の3 Dプリンター関連の試験制度です。

デジタル技術とものづくりの世界をつなぐ最も必要な技術の1つとして、3Dプリンターの正しい知識を体系的に学べる国内唯一の試験制度です。

3次元に精通したプロ集団による信頼性の高い試験制度です。

創設15年の歴史を持つ「3次元CAD利用技術者試験」の主催団体として、蓄積された3次元に関わる数多くのノウハウをベースに創設された信頼性の高い試験制度です。

3Dプリンターの活用に欠かせない「共通言語」が習得・証明できます。

3Dプリンターの活用に欠かせない、販売側と導入側、サービスを提供する側と受ける側の「共通言語」としての知識の習得と証明ができます。

試験概要

試験概要(詳細)

団体受験のご案内

団体受験とは

団体受験には、認定会場として登録し、自校/自社で試験を実施する「認定会場制度」と、認定会場として登録はせず、企業、学校、団体が、所属する職員や学生を10名以上とりまとめて受験させたい場合に、一括でお振込みいただくことができる「バウチャー購入受験制度」がございます。


認定会場制度

3Dプリンター活用技術検定試験センターでは、随時会場を募集しています。

会場特典

  • 3Dプリンター活用技術検定試験公式Webページ「協力企業/教育機関案内」に掲載されます。
  • 宣伝活動の一環として「3Dプリンター活用技術検定試験会場」などの呼称が使用できます。
  • 公式ガイドブックを割引価格で購入できます。
  • 各種資料のご案内、認定会場受験に関する合否一覧を提供します。
  • 認定会場受験者は、自校、自社の慣れた環境で受験できます。

会場をご希望の企業/教育機関の方は、下記の手続きにて、会場申請を行ってください。不明な点がございましたら、3Dプリンター活用技術検定試験センターへお問い合わせください。

認定会場新規申請の流れ

事前準備 認定会場として申請する場合、試験会場認定基準を参照し必要条件等を確認してください。
申請書提出 試験会場申請書一式、事業所案内 を、試験センター宛てに郵送してください。
審査(書類) 受け付けた申請書一式および事業所案内を審査します。現地訪問により直接確認し、検定試験会場としての適合性を調査する場合もあります。
検定試験会場認定書類交付 手続きが終了し、適切と認められた会場には、認定書を交付いたします。

ガイダンス

申請要件、申請書類等は、「試験会場申請ガイダンス」をご確認ください。
ガイダンスは こちら をダウンロードしてください。


バウチャー購入制度

申込方法

「3Dプリンター活用技術検定試験検定 団体申込書」(現在リンクされてはおりません)に必要事項をご記入の上、試験センターへメールもしくはFAXにてお送りください。
試験センターで内容を確認の後、ご請求書を団体責任者宛てに送付します。指定の銀行へ振り込みを行ってください。

受験料の支払方法

試験センターから請求書を送付いたしますので、入金期日までにお振り込みください。
※受験チケット発行後の交換、返金等は一切できかねますので、予めご承知おきください。

受験申込手順 ※詳細な手順は受験チケットにてご案内します。

  1. 入金確認後、試験センターより団体責任者宛てに受験人数分の受験チケットをメールにて送付します。
  2. 団体責任者から受験者へ、受験チケットを配布してください。
  3. 受験者は、各自で「マイページ」(試験申込・実施管理Webシステム)を作成してください。「マイページ」は事前作成が可能です。
  4. 申込期間中に受験申込を行ってください。受験チケットに記載のバウチャー番号を入力します。
  5. 申込完了です。

「3Dプリンター活用技術検定試験 団体申込書」ダウンロード(現在リンクされておりません)